小陰唇肥大のお悩み解消NAVI

小陰唇肥大の悩みとサヨナラしよう!

HOME » 小陰唇肥大とは?手術を受ける前に知っておきたいこと » 費用目安と手術の流れ

費用目安と手術の流れ

小陰唇縮小手術を受けたいけど、費用はどのくらいかかるのかしら?と思っている方のために、こちらでは、小陰唇縮小手術の一般的な手術料金の目安と、手術の流れを解説し、術後の注意点などについても説明します。

小陰唇縮小手術の費用

小陰唇縮小手術の一般的な費用は、メスによる切開手術が250,000円程度、レーザーによる手術が350,000円程度となっています。

小陰唇縮小術術の流れ

小陰唇に悩みを持つ女性は多く、小陰唇縮小手術は婦人科形成手術の中でもっとも需要が多い手術です。
医師も多くの症例を経験しているので、特に心配することはありませんが、手術の流れを事前に知っておけば、より安心して手術に臨めることと思います。

小陰唇縮小手術は次のように行われます。

1.仕上がりイメージのデザイン
手術開始前に、小陰唇の大きさを計測し、仕上がりのイメージをデザインし、、手術部位に印をつけます。
2.麻酔
手術は局所麻酔の場合がほとんどです。麻酔薬注入時にチクッとしますが、手術中の痛みはまったくありません。局所麻酔では手術の様子が見えるので怖いという方には、点滴による静脈麻酔や吸入麻酔(笑気麻酔)も選べます。
3.切除
デザインにそって器具を取りつけ、止血しながら切除していきます。
4.縫合
小陰唇の切除後、糸で縫合します。体に吸収される糸の場合は抜糸は不要ですん。
5.術後処置
軟膏を塗り、ガーゼを当てます。

手術にかかる時間は30分~40分程度です。

術後の注意点と痛みについて

術後、麻酔が切れると若干痛みが出る場合があるので、その前に痛み止めを内服し、手術当日はできるだけ安静に過ごします。

手術後は微量の出血が3~4日あるので、この間はナプキンかガーゼを患部に当てて過ごします。

日常生活、家事、事務仕事は翌日から可能で、シャワーは翌日から可能、湯船の入浴は1週間後から可能です。

飲酒や運動は1週間控え、性行為は1ヶ月間控えます。

ナイロン糸で縫合した場合は1週間後に抜糸のために通院が必要ですが、溶ける糸で縫合した場合は抜糸の必要がなく通院不要です。 

Pick Up 小陰唇縮小手術を行うおすすめクリニック
厳選集

1
みどり美容クリニック・広尾

院長
満行みどり先生

施術法
・レーザー
・切開手術

「女性器施術の経験豊富な
女性院長が対応」
院内はすべて女性で、症例数3,000人以上の女性院長が担当。
抜糸不要の手術&レーザーの2種類から選べ、いずれも身体への負担をおさえて施術できる。
公式HPで費用を見る

2
酒井形成外科

院長
酒井倫明先生

施術法
・切開手術

「経験豊富な形成外科医が
自然な形にデザイン」
目立たない自然な傷跡ににこだわりを持っているクリニック。
自然なハート型になるようデザインし、左右対称に近づけてくれる。入院施設もあり。
公式HPで費用を見る

3
恵比寿ウエスト
ヒルズクリニック

院長
西岡弘記先生

施術法
・切開手術

「目立たない傷跡を追求する
丁寧な施術がウリ」
自然な傷跡になるよう、形を整えながら丁寧に縫合&カット。
表縫いと中縫いを行うことで、傷跡が目立たない綺麗な仕上がりに。エントランスがオートロックなのも嬉しい。
公式HPで費用を見る
 

Copyright © 小陰唇肥大のお悩み解消NAVI All Rights Reserved.